パソコン教室、ナガセキャリアセンターのスクール情報をお届けします


セミナーレポート|3Dプリンタ活用セミナー(新宿本校)

カテゴリー: CADセミナー, セミナーレポート


セミナーの様子ナガセキャリアセンター新宿本校にて、3Dプリンタ活用セミナーを実施いたしました。3Dプリンタは、最近話題の機械ですので、ニュースや新聞などで知っている方も多いところだと思います。ただ、PCで制作した3Dのものが、プリンタで実際に立体として出力されるとは、言葉ではわかっても実際に見たことがない、という方がほとんどではないでしょうか?そこで、今回は、モデリング(かたちを作る作業)から実際の出力まで、一連の流れを体験できるセミナーを開催いたしました。

セミナープログラム

  • 3Dソフト(MoI3D)の基本操作&実践
  • モデリングデータと3Dプリンターデータの関係
  • 3Dデータと3Dプリンタの歴史
  • 3Dデータ出力
  • 質疑応答

セミナー内容

3Dソフト(MoI3D)の基本操作&実践

セミナーの様子 そもそも、3Dプリンタで出力するためには、3Dデータを作成できなければなりません。そこで、まずは、3Dソフト(MoI3D)の基本操作からスタート!
ウインドの切り替え方法(見える方向の変更)ウインド操作(回転・拡大縮小・見たい位置の変更)、部品(形状)のクリックの操作方法を“鳥かご”のデータを使って確認。
3Dならではの操作方法もあり、はじめはやや戸惑っていた方も、徐々に慣れてきました。

セミナーの様子 さて、ウォーミングアップが終わり、いよいよ実戦です。
今回は、ペットボトルキャップ・オリジナルキャラクターを作成しました。
ペットボトルキャップは、サンプルが王冠でしたので、やや複雑な形のため難しそう…でも先生のサポートもあり何とか完成。

セミナーの様子 一方、キャラクターは、皆さんすでに操作に慣れてきたのか、定型の機能の説明でほぼ完成!と思いきや先生がいくつも追加で機能を説明してくれたので、どんどんその機能を使いたくなり、自分のお名前を入れたり、ハート方の手にしたりと終わりがなくなってしまいましたが、とても楽しそうでした。中には販売もできそうな?かわいいキャラクターを作成した方もいらっしゃいました。

モデリングデータと3Dプリンターデータの関係

セミナーの様子 ここでは、3D-CADの操作の特徴や3D-CADとCGの違いなどの解説ありました。普段CADを学習されている方でも、“そうなんだ~”という表情で話に聞き入っていました。
その間も、開始時にサンプルとしてセットした3Dプリンタは、動いていました…もうすぐ手のサンプルが完成!

3Dデータと3Dプリンタの歴史

ここでは座学中心の解説。3Dプリンタ自体は、今はじまったことではなくすでに1990年代から販売されていたようです。ただ、3Dプリンタを使っていたのは、自動車メーカーや家電製品の会社で、新商品を開発する時に必要な試作品を作るのに使っていたとのこと。この頃の3Dプリンタは、1台、5千万円から1億円も超える高価なものだったらしいです。

3Dデータ出力

セミナーの様子 ここでは、3D-CADから3Dプリンタに3Dデータを渡し、モデル出力までのデータの流れを解説!まずは、多くの方がはじめに疑問に思っていたことの1つ、3D-CADでモデリングしたデータは、そのままでいいの?が解決。どうやらSTLファイルに変換すればいいとのこと。あと、これまた多くの方が疑問に思っていた、材料についても解説がありました。今回皆様に作成いただいた3Dデータは、出力希望の方には、出力させていただき後日お渡しさせていただくこととなっています。完成が楽しみ…

質疑応答

・出力するのにいくらかかるの?(大きさや複雑さによるとのことで、実際のものがないと見積もるのは難しいらしいです)
・色は付けられるの?(色は基本的には、一色でしかできないようです。やり方によっては、できる方法も?)
・拳銃は本当に作れるの?(石井先生は、この質問は国の公的機関からも取材を受けたとのこと。データがあればプリントはできるとのことですが、実際は、材料の問題があり強度が弱いので、逆に拳銃を使う方が危ないと。あと、そもそも日本では拳銃の弾が手に入らないので、仮に拳銃ができても意味がないのでは…)
などなどたくさんのご質問をいただきました。
それぞれに、1つ1つお答えさせていただきました。

参加した皆様の感想

・3Dプリンタは興味があったが実際の操作の話を聞ける機会がなかったため大変参考になりました。
・具体的な話が聞けてとてもよかったです。
・前提知識が何もなかったので、知識が学べてうれしかった。
・作品を作っていくと、どんどん楽しくなってきて、参加してよかったです。
・考えていたより簡単に操作できそうなので、多分野に応用してみたいです。
・完成品が届くのが楽しみです。

今後の開催セミナー

新宿本校では、これからもスキルアップにつながる、様々なジャンルのセミナーを定期的に開催していきます。今後の開催予定については、こちらをご覧ください。