パソコン教室,パソコンスクール,パソコン資格はもちろん、DTPデザイナーを目指すならDTP講座充実のデザインスクール:ナガセDTPスクールへ

NCCトップページ就職・転職・資格に強いナガセキャリアセンター

DTPのお仕事

DTPオペレーターってどんな仕事?

グラフィックデザイナーが作ったデザインの指定(レイアウト)に従って、DTPソフトで雑誌や書籍など印刷物の製版フィルムを制作するためのデータを作る仕事。できあがった製版フィルムは印刷部門に渡され印刷物になる。
DTPデザイナーの作ったデータの修正や写真のデジタル化およびDTPデータへの貼り付けなども行う。
実際にデザインをするわけではないが、デザイン的なセンスも必要とされる。

DTPデザイナーってどんな仕事?

編集者から写真やイラスト、文字のデータなどをもらい、デザインセンスを発揮して、カッコよくレイアウトしていく。さらに雑誌の全体のイメージを決める仕事をする。ロゴのデザインをしたり、イラストレーターや、撮影の方法を編集者とともに決めることもある。
以上はアナログのデザイナーとも共通の仕事。
DTPデザイナーはそれに加え、レイアウトのツールにデジタル機器を使い、即印刷に回せるデジタルデータをすべて作り上げる。

DTPに使用される主要なアプリケーション

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)
アドビシステムズのベクトルグラフィック編集ソフトウェア(ドローツール)。
1985年に開発された。 ベジェ曲線を使用して、簡単かつ強力な描画が可能であり、その柔軟な機能により、イラスト制作のほか、印刷物(チラシや小冊子)の作成にも用いられている。

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)
アドビシステムズのビットマップグラフィック編集ソフトウェア。
写真のレタッチソフトとして販売されているが、画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されており、この分野では代表的な存在である。
主に写真などの加工に適しており、さまざまなフィルタやプラグインを使用することによって常に拡張することができる。


お問合せ・ご質問はお気軽に、各教室のフリーコールへお電話ください

直営校

新宿本校
吉祥寺校
横浜スカイビル校
名古屋校

フランチャイズ校

NCP南大沢校
フリーダイアル0120-812-216
NCP三島校
フリーダイヤル0120-458-001
NCPアベノ校
フリーダイヤル0120-555-309

パソコン教室・パソコンスクールならナガセキャリアセンター

ナガセキャリアセンター