OSS-DB技術者認定資格、オープンソースデータベースとは?

NCCトップページ就職・転職・資格に強いナガセキャリアセンター

OSS-DB技術者認定資格とは?

システム、データベースエンジニアを目指す必須の資格 OSS-DB

データベース管理者として必要な基礎知識を習得していることを証明

OSS-DBとは、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定するIT技術者認定資格です。

オープンソースデータベース(OSS-DB)のなかでも、特に商用データベースとの連携に優れ、エンタープライズ・システムでも多く活用されている「PostgreSQL 9.0」を基準のRDBMSとして採用しています。


増加する商用データベースからオープンソースデータベースへの移行

オープンソースデータベース(OSS-DB)は継続的に強化されており、機能・性能とも商用データベースと比べて遜色ありません。データベースの選択肢が広がり、機能・性能・コストなどの要求に合わせて適切なデータベースを選択できる時代になったのです。コストを最適化したい、業務を効率化したい、短期間で導入したい、などの目的から、商用データベースからOSS-DBへの移行が増えています。

OSS-DB取得で活躍できる職種

データベース管理者、データベースエンジニア、運用オペレータ、など

OSS-DB試験の概要

ニーズが高まるオープンソースデータベース技術者の証明

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定するIT技術者認定資格です。OSS-DBのなかでも、特に商用データベースとの連携に優れ、エンタープライズ・システムでも多く活用されている「PostgreSQL 9.0」を基準のRDBMSとして採用しています。「Silver」と「Gold」の二つのレベルがあります。

OSS-DB Silver
試験範囲

オープンソースデータベース(OSS-DB)の知識を有し、データベースシステムの設計・開発・導入・運用ができるエンジニアであることを証明します。

【一般知識】 OSS-DBの一般的特徴 /ライセンス/ コミュニティと情報収集 / リレーショナルデータベースの一般知識 / リレーショナルデータモデルの基本概念 / データベース管理システムの役割 / SQL 一般知識、SQL 分類 (DDL / DML / DCL) / データベース設計、正規化

【運用管理】 インストール方法 / 標準付属ツールの使い方 / 設定ファイル / バックアップ方法 / 基本的な運用管理作業

【開発】 SQL コマンド / 組み込み関数 / トランザクション概念

受験資格 制限なし
問題数 50問
試験時間 90分
受験料 16,200円(税込)

OSS-DB取得を目指す講座

データベース入門講座
受講単位 受講期限 受講料
10単位(15時間) 1週間~2ヶ月 40,000円
(税込 43,200円)
OSS-DB Silver資格取得対策講座
受講単位 受講期限 受講料
50単位(75時間) 2ヶ月~9ヶ月
[集中講義]3日間
198,000円
(税込 213,840円)
オープンソースデータベーススペシャリスト養成講座
受講単位 受講期限 受講料
66単位(99時間) 2ヶ月~9ヶ月
[集中講義]3日間
265,000円
(税込 286,200円)

※受講料には教材費を含みます。
※入学金11,000円(消費税込)が別途必要です。
※1単位=90分

お問合せ・ご質問はお気軽に、各教室のフリーコールへお電話ください

直営校

新宿本校
吉祥寺校
横浜スカイビル校
名古屋校

フランチャイズ校

NCP南大沢校
フリーダイアル0120-812-216
NCP三島校
フリーダイヤル0120-458-001
NCPアベノ校
フリーダイヤル0120-555-309

パソコン教室・パソコンスクールならナガセキャリアセンター

ナガセキャリアセンター