Excelパーフェクトコースのご紹介

NCCトップページ就職・転職・資格に強いナガセキャリアセンター

初心者からExcelを極める!Excel のエキスパートを目指す方に!

Excelパーフェクトコース

教育訓練給付制度対象講座

Excel初心者だけど、今度のお仕事ではとにかくExcelが必須!という方にお勧めのコースです。Excelの基礎から応用に至るまで、また月次のお仕事をマクロで自動化するなどVBAの基礎知識まで習得します。

対応Ver. 取得資格・スキル 受講期限 受講単位 受講料
2013 MOS(Office2013)Excel・Excelエキスパート、Excel VBAエキスパート ベーシック・スタンダード 1ヶ月~9ヶ月 78単位
(117時間)
221,000円
(税込 238,680円)
2010 MOS(Office2010)Excel・Excelエキスパート、Excel VBAエキスパート ベーシック・スタンダード 1ヶ月~9ヶ月 75単位
(112.5時間)
221,000円
(税込 238,680円)
給付金対象[受講期間]
5ヶ月
※受講料には教材費を含みます。
※入学金11,000円(消費税込)が別途必要です。
※1単位=90分

カリキュラム

  • Excel入門open
    Excelの基本操作 Excelの起動と終了や画面構成、既存のファイルの開き方や印刷方法、またデータの入力方法や保存方法など、Excelの基本となる操作について学習します。 1単位
    表の作成/表の編集 四則演算や基本的な関数の入力方法、新しいブックの作成、連続データの入力、データの移動やコピーの方法など、表作成の基本となる操作と、セルに入力したデータのフォント、配置、表示形式の変更方法や列幅、罫線、セルの背景色の設定方法など、さまざまなセルの書式設定について学習します。 1単位
    グラフの作成 表のデータを基にグラフを作成する方法やグラフの移動やサイズの変更方法、グラフの書式の変更方法などを学習します。 1単位
    数式と関数 数式作成に必要となるセルの参照方法(相対参照/絶対参照/複合参照)や、日付を求める関数(Today関数)、条件によって処理を分ける関数(IF関数/IFERROR関数)の作成方法について学習します。 1単位
    さまざまな印刷機能 印刷設定時に利用するブックの表示モード、ページレイアウトの設定方法、改ページの方法、ヘッダーやフッターの設定方法など、作成したデータをバランスよく適切に印刷するための機能ついて学習します。 1単位
    総合問題 各Sectionで学習してきた機能を総合的に活用する練習を行う。Excelの基本操作をしっかりマスターできる。 1単位
    確認テスト テキストで学習したことが十分にマスターできたのかを確認するための力試し。次のステップに進むための自信につながる。 1単位
    合計:7単位
    Excel応用open
    入力用テンプレートの作成 ユーザー設定リストや入力規則、関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します。 1単位
    複数のシートにまたがる データの集計/データベース機能 別のシートのセルを参照して数式を作成したり、複数のワークシート間で集計を行う方法(3-D集計)、テーブル機能やデータの抽出などデータベース機能について学習します。 1単位
    さまざまな角度からの分析 データを統計的にまとめ、さまざまな視点で分析することができるピボットテーブルとピボットグラフの作成方法について学習します。 1単位
    関数の利用 端数を処理する関数(INT関数/ROUND関数 )・順位を付ける関数RANK.EQ関数、値やセルの個数を数えるCOUNTA関数、さらに条件に合うデータの個数を数えるCOUNTIF関数や、SUMIF関数などについて学習します。 1単位
    データの傾向を見る 特定の条件により自動的にセルに書式を設定する条件付き書式、セルの中に小さなグラフを表示して数値データの傾向を視覚的に表現するスパークラインや、クイック分析について学習します。 1単位
    操作の自動化 マクロの記録方法や実行方法、編集方法とマクロを含むブックの保存方法について学習します。 1単位
    総合問題 各Sectionで学習してきた機能を総合的に活用する練習を行う。Excelの活用をマスターできる。 1単位
    確認テスト テキストで学習したことが十分にマスターできたかを確認するための力試し。次のステップに進むための自信につながる。 1単位
    合計:8単位
    MOS Excel対策open
    セルの基本操作 データの入力・編集・削除、データの移動やコピー・検索や置換について理解する。 1単位
    数式の作成とワークシートやブックの管理 セルの書式設定・オートフォーマット、行・列、ワークシートについて理解する。 1単位
    グラフの作成とグラフィックスの利用 テンプレート、ブックの保存について理解する。 1単位
    データ分析 数式の作成、関数の利用について理解する。 1単位
    ブックの保存や共有設定/印刷/環境設定 グラフの作成と編集・オブジェクトの挿入と編集について理解する。 1単位
    模擬試験1 試験対策テストにトライ1 1単位
    模擬試験2 試験対策テストにトライ2 1単位
    解説 試験対策テストの解説で疑問点を解決 1単位
    合計:8単位
    MOS Excelエキスパート対策(Office2013)open
    ブックの管理と共有 複数のブックの管理(Part1)
    校閲用ブックを準備する(Part2)
    ブックの変更を管理する(Part1)
    2単位
    ユーザー設定の書式やレイアウトの適用 ユーザー定義の表示形式をデータに適用(Part2)
    詳細な条件付書式やフィルターの適用(Part1)
    ユーザー設定のスタイルやテンプレートを適用(Part2)
    ほかの言語やユーザー補助機能に対応したブックの準備(Part1)
    2単位
    高度な機能を使用した数式の作成 数式に関数を適用(Part2)
    関数を使用してデータを検索(Part1)
    高度な日付と時刻の関数の適用(Part1)
    シナリオの作成(Part1)
    2単位
    高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成 高度なグラフ要素の作成(Part1)
    ピボットテーブルの作成と管理(Part1)
    ピボットグラフの作成と管理(Part2)
    1単位
    Part1 模擬試験1 試験対策テストにトライ1 1単位
    Part1 模擬試験2 試験対策テストにトライ2 1単位
    Part1 模試1・2解説授業 Part1模擬試験1・2の解説映像で徹底復習 1単位
    Part2 模擬試験1 試験対策テストにトライ1 1単位
    Part2 模擬試験2 試験対策テストにトライ2 1単位
    Part2 模試1・2解説授業 Part2模擬試験1・2の解説映像で徹底復習 1単位
    合計:13単位
    データ分析の基礎講座open
    ピボットテーブルの基礎 大量のデータをさまざまな視点から集約し、瞬時に集計表を作成する方法について学習する。 2単位
    ピボットテーブルの応用 ピボットテーブルで集計した結果から更に詳細な分析を行ったり、視覚的に傾向をとらえやすくする方法について学習する。 2単位
    統合 データベースから集計・分析した結果を定型フォームに表示し、効率的に報告書を作成する方法について学習する。 2単位
    データベースの作成 本来は分析を始める前に行う、分析用データの準備作業。前章まででその必要性を理解した上で、最後に学習する。 2単位
    合計:8単位
    Excel VBAベーシック対策講座open
    マクロとVBAの概念/マクロの記録 VBAの特徴とマクロ記録の活用方法について学習する。 1単位
    モジュールとプロシージャ/VBAの構文 VBAの単位や、VBAを記述する場所のルール、VBAの基本構文をパターン化し、理解することで、難しいと思われがちなVBAをより分かりやすく学習する。 1単位
    変数と定数 変数と定数はどういう場面で利用するのか、具体的な場面を想定しながら学習する。 1単位
    セルの操作 セル単位でのデータ入力や削除、書式の設定などセルの操作をVBAで自動化する方法について学習する。 2単位
    ステートメント 条件によって処理を変えたり、特定の範囲に同じ処理を繰り返すなど、Excel上で手作業で行うには手間のかかる作業を自動化する方法について学習する。 1単位
    関数 日付や時刻、文字列の操作を初めユーザーと対話するメッセージボックスの表示など、VBA内で利用できる基本関数とその活用方法を学習する。 1単位
    ブックとシートの操作 ブックを開いたり保存するといったブック単位での処理やワークシートの操作をVBAではどのように記述するのかを学習する。 2単位
    デバッグ/マクロの実行 プログラムのミスを見つけて修正する作業であるデバッグを効率的に行うための様々なツールとその利用方法、さらに、場面に合ったマクロの実行方法について学習する。 1単位
    模擬試験 2パターンの模擬試験にトライ 2単位
    解説 模擬試験各問題の解説で疑問点を解決 2単位
    合計:14単位
    Excel VBA スタンダード対策講座open
    VBAの基礎/Visual Basic Editor(VBE)の操作 VBAベーシックレベルの簡単な復習とVBE画面に用意されている様々な機能を学習する。 1単位
    プロシージャ/変数と配列 マクロの実行単位であるプロシージャの種類と活用について学習する。また、プロシージャをまたがっての変数の受け渡しを学習することで、作成効率・実行効率の高いVBAの作成を習得する。 1単位
    イベント シートが切り替わったり、新しいシートが作成されるなど、Excel上で特定の操作が行われたときにのみ、実行されるVBAを作成し、マクロを自動実行する方法をについて学習する。 2単位
    ステートメント 条件によって処理を振り分けたり、特定の範囲に繰り返し同じ処理を繰り返すなど、マクロを制御する命令(ステートメント)を学習する。 1単位
    関数 VBAでよく使用する関数を中心に、その仕組みと活用方法について学習する。 1単位
    エラーへの対応 マクロを作成した人以外の第3者がそのブックを利用する場合、マクロ実行中に発生するどんなエラーにも対応できるマクロにしておく必要があります。ここではエラー対応の方法について学習する。 2単位
    UserForm UserFormを利用することで、Excelでもダイアログボックスを表示し、ユーザーから情報を受け取り、受け取った情報を利用してマクロを実行することができます。ここではUserFormの活用について学習する。 2単位
    メニューの操作 マクロの実行をより容易にするために、作成したマクロをメニューに登録する方法を学習する。 2単位
    Windowsの機能を利用する OLEオートメーションや、Windows APIを使用して、Excelの表をWord文書に埋め込んだり、不要になったファイルをゴミ箱に移動するなど、Excel以外のアプリケーションの利用や、Windowsの操作を制御する方法について学習する。 2単位
    レジストリの操作 レジストリにはWindowsの起動や動作に関する設定値やアプリケーションが動作するための設定値が記録されています。ここではVBAでレジストリの設定値を操作することでUserFormの表示位置を制御するなどの操作方法について学習する。 1単位
    ファイルの操作 VBA内でファイルを開いたり削除するなど、ワークシートやセルの操作とは異なるファイル単位での操作をVBAで制御する方法について学習する。 1単位
    模擬試験 2パターンの模擬試験にトライ 2単位
    解説 模擬試験各問題の解説で疑問点を解決 2単位
    合計:20単位
  • Excel入門open
    Excelの基本操作 Excelの起動と終了や画面構成、既存のファイルの開き方や印刷方法、またデータの入力方法や保存方法など、Excelの基本となる操作について学習します。 1単位
    表の作成/表の編集 四則演算や基本的な関数の入力方法、新しいブックの作成、連続データの入力、データの移動やコピーの方法など、表作成の基本となる操作と、セルに入力したデータのフォント、配置、表示形式の変更方法や列幅、罫線、セルの背景色の設定方法など、さまざまなセルの書式設定について学習します。 1単位
    グラフの作成 表のデータを基にグラフを作成する方法やグラフの移動やサイズの変更方法、グラフの書式の変更方法などを学習します。 1単位
    数式と関数 数式作成に必要となるセルの参照方法(相対参照/絶対参照/複合参照)や、日付を求める関数(Today関数)、条件によって処理を分ける関数(IF関数/IFERROR関数)の作成方法について学習します。 1単位
    さまざまな印刷機能 印刷設定時に利用するブックの表示モード、ページレイアウトの設定方法、改ページの方法、ヘッダーやフッターの設定方法など、作成したデータをバランスよく適切に印刷するための機能ついて学習します。 1単位
    総合問題 各Sectionで学習してきた機能を総合的に活用する練習を行う。Excelの基本操作をしっかりマスターできる。 1単位
    確認テスト テキストで学習したことが十分にマスターできたのかを確認するための力試し。次のステップに進むための自信につながる。 1単位
    合計:7単位
    Excel応用open
    入力用テンプレートの作成 ユーザー設定リストや入力規則、関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します。 1単位
    複数のシートにまたがる データの集計/データベース機能 別のシートのセルを参照して数式を作成したり、複数のワークシート間で集計を行う方法(3-D集計)、テーブル機能やデータの抽出などデータベース機能について学習します。 1単位
    さまざまな角度からの分析 データを統計的にまとめ、さまざまな視点で分析することができるピボットテーブルとピボットグラフの作成方法について学習します。 1単位
    関数の利用 端数を処理する関数(INT関数/ROUND関数 )・順位を付ける関数RANK.EQ関数、値やセルの個数を数えるCOUNTA関数、さらに条件に合うデータの個数を数えるCOUNTIF関数や、SUMIF関数などについて学習します。 1単位
    データの傾向を見る 特定の条件により自動的にセルに書式を設定する条件付き書式、セルの中に小さなグラフを表示して数値データの傾向を視覚的に表現するスパークラインや、クイック分析について学習します。 1単位
    操作の自動化 マクロの記録方法や実行方法、編集方法とマクロを含むブックの保存方法について学習します。 1単位
    総合問題 各Sectionで学習してきた機能を総合的に活用する練習を行う。Excelの活用をマスターできる。 1単位
    確認テスト テキストで学習したことが十分にマスターできたかを確認するための力試し。次のステップに進むための自信につながる。 1単位
    合計:8単位
    MOS Excel対策open
    セルの基本操作 データの入力・編集・削除、データの移動やコピー・検索や置換について理解する。 1単位
    数式の作成とワークシートやブックの管理 セルの書式設定・オートフォーマット、行・列、ワークシートについて理解する。 1単位
    グラフの作成とグラフィックスの利用 テンプレート、ブックの保存について理解する。 1単位
    データ分析 数式の作成、関数の利用について理解する。 1単位
    ブックの保存や共有設定/印刷/環境設定 グラフの作成と編集・オブジェクトの挿入と編集について理解する。 1単位
    模擬試験1 試験対策テストにトライ1 1単位
    模擬試験2 試験対策テストにトライ2 1単位
    解説 試験対策テストの解説で疑問点を解決 1単位
    合計:8単位
    MOS Excelエキスパート対策open
    数式と関数 統計関数や日付関数、財務関数や文字列操作関数などの関数を習得する。また、関数に配列を使用したり、関数のエラーの確認や修正について習得する。 1単位
    数式を分析する 数式の参照先や参照元の確認や数式のエラーの確認、また、入力規則に違反する無効なデータの検出や無効な数式の検出方法などについて習得する。 1単位
    高度なグラフの作成 近似曲線の利用や、グラフの第2軸の利用、グラフをテンプレートとして保存したり、スパークラインの使用方法について習得する。 1単位
    データを分析する シナリオ機能など、データ分析のツール使用方法を習得する。 1単位
    ピボットテーブルとピボットグラフ 様々な角度からデータを分析できるピボットテーブルとピボットグラフを習得する。 1単位
    マクロとフォームの操作 マクロの記録と実行、ブックを開いた時にマクロを実行する方法、マクロを割り当てたボタンをクイックアクセスツールバーへの登録、フォームの作成・編集について習得する。 1単位
    ブックの共有と管理 ブックにプロパティ情報を追加登録したり、XMLデータのインポートやエクスポート、ブックをテンプレートとして保存する方法やシートの保護、ブックにパスワードを設定する方法を習得する。 1単位
    模擬試験1 試験対策テストにトライ1 1単位
    模擬試験2 試験対策テストにトライ2 1単位
    解説 試験対策テストの解説で疑問点を解決 1単位
    合計:10単位
    データ分析の基礎講座open
    ピボットテーブルの基礎 大量のデータをさまざまな視点から集約し、瞬時に集計表を作成する方法について学習する。 2単位
    ピボットテーブルの応用 ピボットテーブルで集計した結果から更に詳細な分析を行ったり、視覚的に傾向をとらえやすくする方法について学習する。 2単位
    統合 データベースから集計・分析した結果を定型フォームに表示し、効率的に報告書を作成する方法について学習する。 2単位
    データベースの作成 本来は分析を始める前に行う、分析用データの準備作業。前章まででその必要性を理解した上で、最後に学習する。 2単位
    合計:8単位
    Excel VBAベーシック対策講座open
    マクロとVBAの概念/マクロの記録 VBAの特徴とマクロ記録の活用方法について学習する。 1単位
    モジュールとプロシージャ/VBAの構文 VBAの単位や、VBAを記述する場所のルール、VBAの基本構文をパターン化し、理解することで、難しいと思われがちなVBAをより分かりやすく学習する。 1単位
    変数と定数 変数と定数はどういう場面で利用するのか、具体的な場面を想定しながら学習する。 1単位
    セルの操作 セル単位でのデータ入力や削除、書式の設定などセルの操作をVBAで自動化する方法について学習する。 2単位
    ステートメント 条件によって処理を変えたり、特定の範囲に同じ処理を繰り返すなど、Excel上で手作業で行うには手間のかかる作業を自動化する方法について学習する。 1単位
    関数 日付や時刻、文字列の操作を初めユーザーと対話するメッセージボックスの表示など、VBA内で利用できる基本関数とその活用方法を学習する。 1単位
    ブックとシートの操作 ブックを開いたり保存するといったブック単位での処理やワークシートの操作をVBAではどのように記述するのかを学習する。 2単位
    デバッグ/マクロの実行 プログラムのミスを見つけて修正する作業であるデバッグを効率的に行うための様々なツールとその利用方法、さらに、場面に合ったマクロの実行方法について学習する。 1単位
    模擬試験 2パターンの模擬試験にトライ 2単位
    解説 模擬試験各問題の解説で疑問点を解決 2単位
    合計:14単位
    Excel VBA スタンダード対策講座open
    VBAの基礎/Visual Basic Editor(VBE)の操作 VBAベーシックレベルの簡単な復習とVBE画面に用意されている様々な機能を学習する。 1単位
    プロシージャ/変数と配列 マクロの実行単位であるプロシージャの種類と活用について学習する。また、プロシージャをまたがっての変数の受け渡しを学習することで、作成効率・実行効率の高いVBAの作成を習得する。 1単位
    イベント シートが切り替わったり、新しいシートが作成されるなど、Excel上で特定の操作が行われたときにのみ、実行されるVBAを作成し、マクロを自動実行する方法をについて学習する。 2単位
    ステートメント 条件によって処理を振り分けたり、特定の範囲に繰り返し同じ処理を繰り返すなど、マクロを制御する命令(ステートメント)を学習する。 1単位
    関数 VBAでよく使用する関数を中心に、その仕組みと活用方法について学習する。 1単位
    エラーへの対応 マクロを作成した人以外の第3者がそのブックを利用する場合、マクロ実行中に発生するどんなエラーにも対応できるマクロにしておく必要があります。ここではエラー対応の方法について学習する。 2単位
    UserForm UserFormを利用することで、Excelでもダイアログボックスを表示し、ユーザーから情報を受け取り、受け取った情報を利用してマクロを実行することができます。ここではUserFormの活用について学習する。 2単位
    メニューの操作 マクロの実行をより容易にするために、作成したマクロをメニューに登録する方法を学習する。 2単位
    Windowsの機能を利用する OLEオートメーションや、Windows APIを使用して、Excelの表をWord文書に埋め込んだり、不要になったファイルをゴミ箱に移動するなど、Excel以外のアプリケーションの利用や、Windowsの操作を制御する方法について学習する。 2単位
    レジストリの操作 レジストリにはWindowsの起動や動作に関する設定値やアプリケーションが動作するための設定値が記録されています。ここではVBAでレジストリの設定値を操作することでUserFormの表示位置を制御するなどの操作方法について学習する。 1単位
    ファイルの操作 VBA内でファイルを開いたり削除するなど、ワークシートやセルの操作とは異なるファイル単位での操作をVBAで制御する方法について学習する。 1単位
    模擬試験 2パターンの模擬試験にトライ 2単位
    解説 模擬試験各問題の解説で疑問点を解決 2単位
    合計:20単位

お問合せ・ご質問はお気軽に、各教室のフリーコールへお電話ください

直営校

新宿本校
吉祥寺校
横浜スカイビル校
名古屋校

フランチャイズ校

NCP南大沢校
フリーダイアル0120-812-216
NCP三島校
フリーダイヤル0120-458-001
NCPアベノ校
フリーダイヤル0120-555-309

パソコン教室・パソコンスクールならナガセキャリアセンター

ナガセキャリアセンター